MOROTSUKA ダイニングテーブル

クヌギのどっしりした重み、硬さ。 使い込むほどに味わいが増すテーブルです。
型番 KH-105
販売価格 275,000円(税込297,000円)
購入数

サイズ
仕上げ


MOROTSUKA
ダイニングテーブル 国産

MOROTSUKA ダイニングテーブル
天板はどんぐり村のクヌギ集成材を使用し、脚部はクヌギの無垢材を利用。無駄のない適材適所の材料を使い分け、手入れや使い方で経年変化が楽しめます。仕上げを、オイルフィニッシュ又は、ソープフィニッシュからお選びいただけます。

  • クヌギ
  • クヌギ
  • クヌギ



宮崎県の北部、人口約1800人の諸塚村。その村の95%は山間地が占め、農業を営むのが難しかったため林業がが盛んにおこなわれている。2003年FSC(森林管理協議会)の森林認証を取得。自治体と林業家が一体となって村ぐるみで持続可能な林業経営を行っている。

  • クヌギ
  • クヌギ
  • クヌギ



諸塚村は原木椎茸栽培発祥の地。クヌギ・コナラなどの広葉樹が林地の3割を占める。椎茸栽培では植え付けた菌を行き届くよう、原木の上下、裏表を返す作業を人力で行う。そのため、大きい木は重すぎて規格外となり流通価格も半分に。大きくなり過ぎた木はそのまま放置され植林もできず、森の循環をストップさせている。そこで、規格外のクヌギ・コナラをを活用して椎茸生産に還元を目的とした「諸塚どんぐり材活用プロジェクト」が2010年の夏にスタート。

  • 製材所
  • デザインスケッチ
  • 木材の加工



「諸塚どんぐり材活用プロジェクト」が2010年の夏にスタート。ワイス・ワイスは諸塚村役場、環境活動を展開する国際環境NGO『FoE Japan』と一緒に家具作りを行う事となった。現地を訪れて林業や椎茸栽培の現場を視察し、村の歴史やそこで暮らす人々の思いを肌で感じた。家具の完成には、林家、林業家、製材所、木工所、デザイナーなどさまざまな人の協力が必要。3年の歳月をかけてどんぐり材の家具「MOROTSUKA」を完成した。


《クヌギ・ヒノキ材/オイルフィニッシュ》
乾拭きを行ってください。オイルは時間の経過とともに少しずつ揮発していきます。乾いてきたと感じたら、オイルを塗布してください。水のはじきが悪くなってきた場合や冬などの乾燥する時期には、頻度を増やして塗布することをお勧めします。→お手入れについて

《クヌギ・ヒノキ材/ソープフィニッシュ》
柔らかい布で乾拭きを行ってください。汚れがひどくなったら、石鹸を溶かしたソープ溶液を含ませた布で拭きとってください。再度、ソープフィニッシュを塗ってください。 →お手入れについて

はい、可能でございます。部分的な傷、小さな欠損は木片やパテを使って形を復元し、場合によっては部分塗装を施してなじむように色を合わせていきます。料金は状況により異なります。都度ご相談ください。


サイズ W1500×D850×H700 / W1800×D850×H720 
木部 クヌギ(宮城県産)

木部について

木部&布地サンプル

仕上げ オイルフィニッシュorソープフィニッシュ 

お届けについて
返品 オーダーメイドのため、商品に瑕疵のある場合を除き、返品・キャンセルはお受けできません。
納期 約4週間+配送日数
送料 E(開梱設置便)

送料について


おすすめ商品


KURIKOMA サイドチェア

50,000円(税込54,000円)


PIT サイドチェア

45,000円(税込48,600円)


PIT アームチェア

65,000円(税込70,200円)


TIME サイドチェア

39,000円(税込42,120円)


TIME アームチェア

58,000円(税込62,640円)




-CATEGORY-



-SERIES-



生地サンプル
家具カタログ
Top